ナース白愛のブログ

小児がんの子供を看た事がありますか?母親の精神状態は想像するだけで大変ですよね・・・(T_T)

私は、子どもが好きで、小児科クリニックで働いていました(*^^*)

病院での小児科病棟は、重症度の高い病気の子どもも多く、悲しい結末を見るのは辛く、小児科病棟で働く勇気はありませんでした( ;´Д`)

ですから、小児科クリニックなら重症度の高い患者さんはいませんから、気持ち的に楽に働けると思っていました(-_^)

重症度の高い患者さんは、総合病院に転院しますから、重症度の高い病気のは子供を看ることは、ほとんどありませんでした。

しかし、一度だけ小児がんと診断された子どもを看ました。

その子どもは、足が痛い、歩きたくない...といった症状からはじまりました(・_・;

そんな症状が続き、乳幼児検診の時に相互病院を紹介されました。

結果は「小児癌」と診断されたそうです。

お母さんが、わざわざクリニックに寄って、結果の報告をしてくれました...。

話ながら、涙が止まらない様子のお母さんの姿は
、聞いているこちらも非常に悲しい気持ちになりましたね(。-_-。)

最近は、効果的な治療法ができ、治癒する率も上がっています。

しかし、やはり「癌」と名のつく病に、簡単な病はありません。

とくに、小児癌の場合、肉腫であることが多いんですよね( ;´Д`)

がんは、上皮なとに出来るものですが、肉腫は筋肉に出来るため、発見も遅くなりがちです。

だから、気づかないうちに、進行しているケースも少なくないんですヽ(´o`;

幼い我が子が、命をも脅かす疾患になったら...と考えるだけでも、涙がでますね。

代われるものなら、代ってあげたい...。
しかし、ツライ治療に耐え、自由のない入院生活を送らなくてはならない現実は変わりません。

小児がんのように、重症度の高い疾患の子どもをもつお母さんの悲しみ、苦しみは、想像するだけでもツライですね...(。-_-。)

2014年4月 4日|

日勤しかない仕事って大変じゃないかな?夜勤があれば、夜勤入りの時は寝坊出来るし、平日に休みはあるのは嬉しいですよね??

周りから見ると、夜勤があると生活が不規則になって大変って思いますよね。
でも、日勤と夜勤がある仕事って時間に余裕ができて楽ですよ。
私は、日勤だけの仕事よりも、夜勤がある仕事のほうが好きですね。

例えば、日勤だけだと、毎日朝からバタバタして仕事から帰ってくれば、夕飯の支度や洗濯などなど、
特に育児をしていると一日家事に追われて落ち着く暇もありませんよね。
それに、銀行とか役所とか、平日にしか出来ない用事って、日勤の仕事をしているとなかなかできません。
そのような用事を済ませる為に、平日に休みを貰ったりするのも、何だかもったいない気もしますよね。

でも、夜勤があれば、平日に自由な時間があるから、平日にしか出来ない用事も余裕で済ませる事ができるんです。
子育てをしていると、夜勤は難しいと思うかもしれませんが、毎日の事ではないし、
夜勤の時に子どもを見てくれる環境があれば、安心して夜勤ができます。

夜勤の時は、朝寝坊がきるし、夜勤明けの日なんて、まるまる自分の為に時間を使う事ができるんですよね。
家庭を持っていると、時には自分一人の時間が欲しいと思う時がありますよね。
自分の為にゆっくりできる時間がないと、ストレスも溜まってしまいます。

みんなが寝ている時間に働く夜勤は、確かに楽ではないんですけど、急変などがなければ、日勤に比べると落ち着いてます。
休憩や仮眠も取れるので、慣れればキツくはないですよ。

私の職場には、夜勤をしているママさんナースが沢山いるんです。
ラッキーな事に、院内保育園があるので、小さな子どもがいても、いつでも保育園に預けて働く事ができるんですよね。
夜勤があると、気持ち的に何だか余裕ができますよ。

2013年12月24日|

病棟で働くなら何科が楽かな?急性期はハードなイメージだし・・・。ブランクも長いので悩みます(>_<)

出産を期に一旦職場を離れる看護師は沢山います。
やはり、育児と仕事を両立させるのは大変ですから、子育てが一段落するまでは、子育てに専念したいと思うものです。
しかし、多くの方は、仕事へ復帰する事に不安を感じています。

医療というのは日に日に進歩しています。
毎日のように新しい知識や技術が取り入れられますし、新薬も導入されます。
患者さんのカルテにしてみても、少し前までは手書きのカルテだったのが、現在では電子カルテの職場がほとんどです。
電子カルテの入力方法や操作方法だけでも、覚えるのは大変です。

たった数年のブランクでも、覚えていた技術や知識を忘れてしまいます。
その為、復帰する際の職場選びにはかなり慎重になります。
外科や循環器科のように、急性期のハードな科でいきなり働くのは、ハードルが高すぎます。
ブランクがある場合、看護師の勘を取り戻すまでに時間がかかりますから、
時間や気持ちに余裕が持てる職場に復帰する事をお勧めします。
病棟でも、内科のような慢性期の病棟であれば、比較的にゆったりとした気持ちで働く事が可能です。

病院によっては、ブランク看護師がスムーズに仕事に入る事ができるように、復職支援セミナーを開催しているところがあります。
支援セミナーでは、医療の動向や電子カルテの操作方法、それに、病棟の雰囲気を見る事ができる病院もありますから、
ブランクがあっても安心する事ができます。
新人看護師のように、プリセプター制度がある病院もあります。

せっかく仕事に復帰しても、働きにくい職場の場合、精神的に落ち込んでしまいますよね。
スムーズに仕事に復帰出来るように、ブランク看護師に対しての支援制度が整った病院を選ぶ事が大切です。

2013年12月24日|

一般的に公立病院の看護師の給料は高いの?

一口に病院と言っても、公立や国立、民間と、いろいろありますよね。
給料や福利厚生も、それぞれに違いがあるんですよ。

民間病院というのは、その病院の経営状態や経営者によって決められるので、いろいろですよね。
福利厚生がかなり充実しているところもあれば、逆に、福利厚生が充実していないので、不安定なところもあります。

安定している職場と言えば、公立病院や国立病院ですよね。
公立病院で働く看護師というのは、身分が地方公務員になるんです。
それぞれの自治体に所属して、公務員として病院で働いているという状態なんですね。
だから、その地域の財政によって給料が変わってくるんですよ。
でも、他の病院に比べると、国公立の病院というのは、給料や福利厚生がかなり充実しています。
いろいろな手当がつくし、育児休暇や特別休暇、年次休暇も決められているので、得ですよね。

公務員になるので、ダブルワークなどはできませんが、身分が安定しているので、長い目で見るととても働きやすいんですよね。
例えば、休暇も充実しているので、結婚や出産をしても、退職する必要がなく働き続ける事ができます。
それに、公立病院は、年齢によって給料がアップしていくので、安定性を考えればやはりお勧めですよね。

給料面だけではなく、公立病院は、研修などの教育体制が整っていたり、看護師寮が用意されていたり、院内保育園が設置されていたり、スタッフにとって働きやすい環境が整っているところもメリットです。
それぞれ人によって職場選びのポイントが違うと思いますが、将来性と安定性を重視したいと思う方には、公立病院がピッタリだと思います。
実際に、公立病院は看護師にとても人気があるんですよ。

2013年12月16日|

老人病院って残業がないって本当?!

老人病院のような福祉系の職場というのは、介護士やリハビリの方が中心となって仕事をしています。
老人病院は一般病院とは介護の仕方が異なります。
医療技術はあまり必要ありませんし、患者さんの急変なども少なく、落ち着いた雰囲気で仕事をする事ができます。
患者さんの健康管理が主な仕事なので、楽な業務だとイメージされている方は沢山います。

確かに、一般の病院に比べると残業は少なく、多くのブランク看護師やママさんナースが、
福祉系の職場で働く事を選択しています。

しかし、全ての老人病院が残業が少なく楽な業務だという訳ではありません。
高齢化社会が年々進んで利用者が増え、新しい施設も作られていますが、常に職場では看護師不足に悩まされています。
ギリギリのスタッフで回している職場や、スタッフが足りない職場の場合は、残業を強いられる事もありますし、
休日が確保できずにハードな勤務体制のところもあります。

育児と仕事を両立させる為に老人病院で働く事を選んだとしても、残業が多く一般病院と変わりがない、
といったケースも少なくありません。
老人病院の仕事は楽だ、と安易に転職先として選んでしまうと後悔する可能性もあります。

老人病院のような福祉系の職場で働く際には、事前に、スタッフの人数や業務内容など、職場環境を良く調べる事が大切です。
介護士やリハビリの方が少ない職場は、看護師も介護の仕事をする事になりますから、体力的にとてもハードです。
スタッフが充実している老人病院であれば、規則的に働く事ができ、
患者さんとの信頼関係を築きながら看護ができますから、とてもやり甲斐のある仕事です。
今後、ますます需要は高まる事が予想されていますから、職場選びは慎重に行いたいものです。

2013年12月16日|

20代30代の患者さんの死・・・。実の親に看とられて天国へ。悲しいけどこれが現実。

子どもが親より先立つことほど親不孝な事はない、と言う言葉があります。
本当にそう思います。
しかし、看護師をしていると、そのような場面に遭遇する事はとても多いんです。

医療技術は日々進歩していると言われていますが、ガンに関してはまだ治す事はできません。
ガンは治せない病気ではない、という事を耳にする時もありますが、現実にはまだですよね。

私が働いている病棟には、ガン、骨肉腫、脳腫瘍など、大変な病気の患者さんが入院していますが、
この病棟で働き始めてまだ1年も経っていないのに、何人の死を見てきているのか。
20代や30代の若い患者さんの死を、ご両親が看取るといったケースも沢山あります。
ご両親にとってはとても辛い事です。
自分達より先に、愛する子どもが先立ってしまうのですから、この現実を受け入れるのは簡単な事ではありません。
どう接してあげたらいいのかわからなくなります。

そのような患者さんやご家族の姿を見ていると、自分の子どもだけは長生きして欲しいと思ってしまいます。
これは、どの親でも思っている事です。
しかし、子どもが親より先に亡くなってしまうという現実があるんです。

私はもう何年も看護師の仕事をしていますが、患者さんの死に直面すると、まだまだ動揺してしまいます。
身近にいる看護師が、皆さんの支えになってしっかりしなくてはいけないのに、目が向けられなくなってしまう時があります。
こんな事では、まだまだダメですね。
患者さんやご家族の支えになって、心のケアが出来るようになる為に、看護師としてもっと成長しなくてはいけません。
悲しくて辛い事が沢山ありますが、現実として受け入れられるようにならなくてはいけないなと思っています。

2013年12月11日|


相互リンク 大阪 自動相互リンク集GF NKI PR-Link Mutual s-splash.net 敏感肌