一般的に公立病院の看護師の給料は高いの?

一般的に公立病院の看護師の給料は高いの?

一口に病院と言っても、公立や国立、民間と、いろいろありますよね。
給料や福利厚生も、それぞれに違いがあるんですよ。

民間病院というのは、その病院の経営状態や経営者によって決められるので、いろいろですよね。
福利厚生がかなり充実しているところもあれば、逆に、福利厚生が充実していないので、不安定なところもあります。

安定している職場と言えば、公立病院や国立病院ですよね。
公立病院で働く看護師というのは、身分が地方公務員になるんです。
それぞれの自治体に所属して、公務員として病院で働いているという状態なんですね。
だから、その地域の財政によって給料が変わってくるんですよ。
でも、他の病院に比べると、国公立の病院というのは、給料や福利厚生がかなり充実しています。
いろいろな手当がつくし、育児休暇や特別休暇、年次休暇も決められているので、得ですよね。

公務員になるので、ダブルワークなどはできませんが、身分が安定しているので、長い目で見るととても働きやすいんですよね。
例えば、休暇も充実しているので、結婚や出産をしても、退職する必要がなく働き続ける事ができます。
それに、公立病院は、年齢によって給料がアップしていくので、安定性を考えればやはりお勧めですよね。

給料面だけではなく、公立病院は、研修などの教育体制が整っていたり、看護師寮が用意されていたり、院内保育園が設置されていたり、スタッフにとって働きやすい環境が整っているところもメリットです。
それぞれ人によって職場選びのポイントが違うと思いますが、将来性と安定性を重視したいと思う方には、公立病院がピッタリだと思います。
実際に、公立病院は看護師にとても人気があるんですよ。

2013年12月16日|