健診の仕事が少なくなる冬場は他の仕事をしている人が多いの?副業をしているナースが多いの?

健診の仕事が少なくなる冬場は他の仕事をしている人が多いの?副業をしているナースが多いの?

e270162e95d6a8553b27559bba868ca8.jpg
看護師の職場としては、わりと仕事が楽で時給も高めということから人気のある健診の仕事ですが、一つ難点があるんですよね(´・Д・)」

健診は、春から夏にかけて最も多く、秋から冬は仕事が減り、冬は全く仕事がないということもあるんです。

嘱託やパート、バイト、派遣で働いているスタッフは、たいてい4月から始まり10月で仕事がなくなります。

ですから年間通して安定した働きが出来ないんですよね(;´Д`A

冬場健診の仕事がない期間の過ごし方は人それぞれですね。

年配のナースは冬場は仕事をしないで、春になるのを待っている方が多いですね。

生活費を稼ぐというよりお小遣い稼ぎ程度の方たちは、健診の仕事だけで毎年働いている感じです。

病院やクリニックでバリバリ働くのは嫌だとか、自分の趣味に時間を使いたいという年頃のナースですし、年末年始をゆっくり過ごし、冬期間はのんびりしているようですね(^ ^)

しかし、やはり年間通して収入が欲しいナースもいます。

生活費として収入を得なくてはならないナースは、冬場は他の仕事をしたり、元々ダブルワークで働いている職場での仕事を増やして働いていましたね。

内科や小児科などのクリニックは冬場になると患者さんが増えて混雑しますよね(・_・;

風邪やインフルエンザ、胃腸炎など冬場は感染症が多くなるため、どこの病院も夏場よりスタッフが必要になります。

だから、冬場だけナースを増やしたいというクリニックもあり、毎年冬場だけパート看護師で雇ってもらっているというナースもいましたね。

健診センターには、冬場に仕事のないナースが沢山いますから、病院やクリニックなどから人伝いに求人情報が流れてくるんですよね。

中にはそのまま就職して健診に戻ってこないナースもいます。

そんな感じで、健診センターで働くナースは、それぞれの状況に合わせて冬場を過ごしていますよ(-_^)

2014年11月27日|