看護師の残業がない職場のメリットは?

看護師の残業がない職場のメリットは?

20110602224843-45S.jpg
私は老人保健施設の看護師をしています。

私の職場の夜勤は二交代夜勤です。夜勤は、入り、明け、明け休みと3日でワンセットになります。
夜勤が連続する事はありますが、このワンセットの周期ですから苦痛はありません。

むしろ日中を有効に活用できるためラッキーだな...くらいに思っています。

夜勤は16時間と長いので、あまりハードな内容にならないようにしています。

夜間はナースが1人で100名のご利用者様の体調管理を行いますから、急変などに備え、日勤帯に業務を多くしているのです。

また、以前は夜勤明けの残業がかなりありました。
しかし業務の改善をはかり、夜勤明けは定時で終われるようにしています。

夜勤明けに残業がないと、明けの日の朝から一日とても有効に活用できます。
次の日の明け休みと合わせると、とても長い時間休んでいる感じがします。

私は、週末の夜勤明けから遊びに出かけること多くあります。
夜勤明けに残業だと、疲れてしまいますが定時に終われると、思いっきり遊ぼう!って気持ちになれます。
子供たちと遊ぶのも体力がいりますからね。

日勤帯でも残業はほとんどありません。
残業になるのはほぼ急変の時くらいです。

夕方からの急変などあると、施設内で対処出来ない時は救急搬送などしますから、日勤帯で対応します。
そのための残業がある程度です。


そんなふうに残業がほとんどない職場ですから、ママさんナースが多く働いています。

やはり、子供が小さいうちは保育園の送り迎えなど、早く帰れるにこしたことはありませんよね。

私の職場は半数のナースが、保育園や学生の子供がいます。

高校に入っても、学校の送り迎えなどあるようで、残業がないのは助かると言っています。

残業の少ない職場はママさんナースにとってはとてもメリットの大きい職場ですね。

2016年7月 9日|